九州共立大学SDGsチャレンジアクション研究会へようこそ!
SGDs(持 続可 能 な 開 発 目 標)の 目 的 を実 現 し
平 和 と 持 続 可 能 性 の ビ ジ ョ ン に基 づ い た
態度行動変容を目指し学内外でのSDGsに関する活動を行います。


また近々では、折尾駅改装に伴うまちづくりの中で、
S D G s の 取 り 組 み を 学 生 目 線 で 行 い ま す 。
近々の活動では、折尾駅改装に伴うまちづくりを行います。
活動紹介
折尾商連関連事業
堀 川 清 掃
毎 年 1 0 月 に 行 わ れ てい る 堀 川 清 掃 に 参 加 して い ま す 。
この活動には、多くの高校生や大学生、企業、街の人たちが参加しています。
地 域 に 親 し ま れ る 美 し い 堀 川 が 保 た れ て い ま す 。
    ↑堀川
折尾イルミネーション
毎年、折尾駅周辺(堀川沿い)や学園大通りで
開催されているイルミネーションに携わっています。
去年は、イルミネーション設置撤去作業は
もちろんのことイルミネーション点灯式で
出店も行いました。
オリオンピック
  折尾のイベントといえば
    オリオンピック!
 折 尾 駅 周 辺 を会 場 とし
堀 川 で カ ヌ ー レ ー ス や
石 炭 運 び レ ー ス な ど
「 おバカ楽しい 」 5つの競技で
競 い 合 い ま す。
 昨年はコロナ鍋ということで
競技を一新、ZOOMを使用し
オンラインで開 催されました。

 イベント終了後は 堀川の水質改善を目的とし運営資金の一部でスラッジアウトを購入して堀川に埋設しています。

 研 究 会 の メ ン バ ー は イベントに企 画 の段 階 から加わり新競技の開発から当日の運営,最後のスラッジアウトの埋設まで 主体的に関わっています。
 実行委員会の大人の方々と協力しながら1からイベントを作り上げることは非常に多くの学びがあり、楽しいです!!!


ラジオ(笑time!)
 社会福祉法人もやい聖友会様より

ご提供いただいているラジオ番組

「笑time!」の運営を行っています。


 AIR Station Hibiki FM88.2MHzもやい通りスタジオより
毎月第1金曜日の15時から16時の1時間、放送を行っています。

 放送前の企画から、当日のパーソナリティーや
ミキサーなどの運営まで、メンバーが行っており
普段することのない貴重な経験をさせていただいています。
今 後 の 活 動 予 定
こ ど も 大 学

1.こども大学とは?

 2002年ドイツの大学で始まり、現在では日本にも広がっている
SDGsを基軸にしたカリキュラムです。

2.目的
 子どもたち(小学生)の"なぜ?"(疑問)に答えることや
学ぶことの楽しさを伝えることにあります。
学校の授業では学ぶことが ない分野を知ることができ、
実際に大学のキャンパスを会場にすることで大学の良さや
雰囲気を小学生に伝えることができるのも魅力の一つです。


3.子ども大学(筑柴女学園大学)の開催について

 9/23もしくは9/26日に筑柴女学園大学で子ども大学が開催されます。
そこで運営のお手伝いをしたい人を募集しているので
現在教員を目指している人やSDGs4番の目標に興味がある人は
参加してみることをお勧めします!
あ そ ぼ う さ い
"あそうぼうさい"は、NPO法人好きっちゃ北九州さんが
開催している こどもを対象と し た 防 災 の 講 座 で す !

難 し く 感 じ る 防 災 の 内 容 を、遊びを通すことで
子 ど も た ち に 分 か り や す く 伝 え て い ま す 。

台 風 ボ ー リ ン グ や 豚 の し っ ぽ な ど 、
五 感 で 感 じ な が ら 防 災 に つ い て
学 べ る ユ ニ ー ク な 遊 び が あ り ま す 。
今後、スタッフとして、メンバーも参加する予定です。
E P S O N 紙循環プロジェクト

 この活動は、エプソン販売株式会社様をはじめとした北九州市内の 皆さまと、地域内での紙循環を通してSDGsの達成を目指す活動です。

 このプロジェクトでは、八幡西区内での紙循環システムの構築と
新たな雇用の創出を目指しています。

 私たち大学生が関わるのは、紙循環システムの構築です。 地元民間企業、自治体、学校より古紙を回収し、 ”ペーパーラボ”で再生後、新しい紙を活用することで 地域内における紙の地産地消を目指します。

 ここで再生した古紙を利用し, アップサイクル品の開発提案を していくことが直近の目標です。

民間企業との関わりが多くなるかと思いますので、 就職のネタにしたい方はぜひいらっしゃってください。



この投稿をInstagramで見る

九州共立大学 SDGsチャレンジアクション研究会(@sdgs_charenge0528)がシェアした投稿